2017の日本で最高のローン!

日本のクレジット。最も低い利息を見つけて、適切なローンを選びましょう。

ローンの最小額
1万円
ローンの最大額
200万円
最小貸付期間
1年
最長ローンの期間
10年
年率
19.94 %
最低年齢
18歳
ローン供与
良い
オンライン申し込み
my-arrow.co.jp
書類
  • -パスポートの写し
  • - 運転免許証の写し
  • - 健康保険証の写し
  • - 年金手帳等の写し
  • - 住民票
  • - 住民票の記載事項証明書
  • -特別永住者証明書の写し
代表例: 代表例: 借入額:20,000円, 返済回数:84, 金利(実質年利率):19.94 %, 返済方式:元利均等返済, 毎月の返済額:1,000円, 返済総額: 71,413円
注意! 支払い総額は、融資額、利率、期間、個人の信用度に依存する。
ローンの最小額
1万円
ローンの最大額
500万円
最小貸付期間
1年
最長ローンの期間
5年
年率
9.8 - 17.0%
最低年齢
18歳
ローン供与
良い
オンライン申し込み
aiful.co.jp
書類:
  • - 1本人確認書類 - 公共料金の領収書(NTT・電気・都市ガス・水道・NHK), 住民票の写し, 印鑑証明書.
  • - 2収入証明書類.
  • - 3その他書類.
代表例: 借入額:10万円, 返済期間:2年, 返済回数: 32回, 毎月の返済額:4,000円, 返済総額: 126,194円, 金利(実質年利率):9.8 - 17.0%
注意! 支払い総額は、融資額、利率、期間、個人の信用度に依存する。
ローンの最小額
30万円
ローンの最大額
700万円
最小貸付期間
1年
最長ローンの期間
8年
年率
13 %
最低年齢
18歳
ローン供与
良い
オンライン申し込み
代表例: 借入額:50万円, 返済期間:3年, 毎月の返済額:16,846円, 返済総額: 606,456円, 金利(実質年利率):13 %
注意! 支払い総額は、融資額、利率、期間、個人の信用度に依存する。

消費者の権利と金融商品についての有益な情報


  • http://www.caa.go.jp -こ のウェブサイトは日本政府の消費者庁によって提供されており、消費者保護と消費者の権利についての包括的で有益な情報を見つけることができます.
  • http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxsearch.cgi - このウェブサイトは日本政府によって提供されており、金融や銀行に適用される法規制、消費者の権利その他を見つけることができます。
  • https://www.justiz.nrw.de/BS/Verbraucherschutz/widerruf/index.php - これは全国銀行協会のウェブサイトで、銀行や金融機関、その提供する金融商品に関する、有益な情報を見つけることができます。
  • http://www.shiruporuto.jp/consumer/ - このウェブサイトは、金融広報中央委員会によって提供されており、金融商品についての教育的情報やヒントを見つけることができます。


ローンでお金を借りる前に:


ローンでお金を借りる前に、それが本当に必要な出費なのか、借りた金額をきちんと返済することができるのかをよく考える必要があります。借りる前に以下の事項を考慮してください。


  • - この出費は、ローンに頼らずに自分で払える時まで延期することはできないか?
  • - もし出費が急を要する場合、他の方法で調達することはできないか?例えば雇用主に給料の先払いを頼むとか、家族や友人から借りることはできないか、等。
  • - 出費が急を要さない場合、お金を貯めることはできるか?


以下の場合はローンでお金を借りるべきではありません。


  • - 他のローンの返済にあてるために借りる。
  • - まだ他に未返済のローンがある。
  • - 他に借金がある。そして或いは返済が遅れている。
  • - 今考慮しているローンの返済が期日内にできるかどうか確信が無い。


以上を考慮したうえで、それでもローンでお金を借りる必要があると思われる場合は、次の事を考えてみてください。


自分の収入と支出を比べて、返済に必要な金額が残るかどうか調べてください。毎月いくら返済できるかを計算してみることです。そのうえで返済に必要なだけの金額が予算にない場合には、ローンを考慮するべきでは無いということになります。



ローンの申し込みをするためには以下のような条件を満たす必要があります。


  • - 日本の市民権がある。
  • - 雇用されていて安定した収入がある。
  • - 日本国内の銀行に口座がある。
  • - 18歳以上である。
  • - 信用情報が良好であり、他に借金がない。


貸金業者から要求される可能性のある書類が全て揃っているか確認してください。


  • - 収入を証明するものとして、給料明細書、所得申告書、など。
  • - 現在の収入と支出情報を示すもの。
  • - 貯蓄額やクレジットカードの支払いなどを示す銀行口座通知書。
  • - パスポート或いは運転免許証。


年齢制限


金融機関はその会社個々で自社の年齢制限を設定します。ほとんどの場合貸し出しは18歳以上となっており、上限は60歳から70歳までとなります。



実質年率


実質年率とは借りたお金に対して一年間にかかる費用の事でパーセントで表示されます。実質年率はその時の日銀の政策金利や必要な手数料などを考慮したうえで決定されます。借り主が複数のローンの比較をしやすいように、貸金業者はローンが確定する前にその金利を実質年率で借り主に知らせるよう法律で定められています。例えば、


貸金業者Aは1万円を二年間のローンで実質年率10.1%で提供する。


貸金業者Bは1万円を二年間のローンで実質年率12.3%で提供する、とします。


御覧のように上記の例では同じ金額を同じ期間借りることができ、毎月支払う金利は少なくて済むので、貸金業者Aから借りるほうがお得です。



ローンにかかる費用


  • - 繰り上げ返済にかかる費用:ほとんどの場合、ローンを早く返済し終えた場合には費用が余計にかかることはありません。しかし貸金業者によっては繰り上げ返済に対してペナルティを課する会社もあります。
  • - 初期手数料:ローンを組んだ時点で支払う一回きりの手数料。
  • - 月毎の手数料:貸金業者によっては毎月ローンの維持のための手数料がかかる場合もあります。
  • - 延滞金:もし月々の返済が遅れると延滞金また追加金利を払うことになりますので、余計な費用が掛かるのを防ぐためにも返済は必ず期日までに行ってください。更に滞納はご自身の信用情報に悪影響を及ぼし、将来ローンを組むのが困難になりますのでご注意ください。
  • - 法的費用:もしローンの返済ができない場合、貸金業者は裁判によって負債金額を回収することを図ります。その場合裁判にかかる費用は借り主持ちになります。


ローンによっては可変的利率(ローン期間中に上がったり下がったりする利率)を使用するものもあります。利率が上がった場合返済が困難になるようでしたらこのようなローンは組まないほうが良いと考えられます。



一番最初に見つけたローンを選ぶようなことはせず、様々な金融業者を比較したうえで最上のローンを選ぶようにしてください!



ローンの期間


返済可能な限りで最も短いローン期間を選んでください。長いローンは月々返済する金額が少ないので一見良さそうに見えますが、最終的に返済される全額はずっと高くなることがあります。月々返済可能な金額内で、できる限り短期のローンを選ぶことをお勧めします。



返済が期日までに出来ない時には:


  • - 貸金業者にできるだけ早く連絡する:ローンの返済が難しい状況にある場合は即刻貸金業者に連絡してください。
  • - 返済期限の延長:ローンの返済が期日内に出来ない場合、追加料金を支払うことでローンの返済期限を延長してくる貸金業者が多々あります。返済期限延長にかかる追加料金はその会社によります。返済期限延長自体はお勧めすることではありませんが、万が一の為にその会社の返済期限延長に対する規約を、ローンを組む前に確認しておくことをお勧めします。


注意!


MoneyGuru24.comの運営者は、銀行でも貸金業者でもありません。Moneyguru24.comは、数多くの選ばれた貸金業者を参照しており、お客様の信用機会を反映した完全なリストとはなっていません。従って、本サービスの利用で、お客様には料金は課せられません。本サイトには、いかなる個人情報も提供する必要はありません。全ての個人、金融、雇用状況に関するデータは、お客様のローンの申し込みの承認のために、銀行または貸金業者に提供しなければなりません。与信契約書に関しては、弊社のサイト上で指定されているリンクを通じて提供する場合がありますが、Moneyguru24.comはそれらの契約書の責任を負いません。本ウェブサイトを利用することで、お客様はこれらのポリシーに同意したことになります。選び出された 貸金業者のウェブページに記載されている情報を全て読み、自身の財務状況や返済の可能性を常に把握しておくことをお勧めします。